現役薬学部大学生向け 薬剤師就職サポート・就活応援サイト

メディセレ薬局 現場からの声

ニキビ治療薬について

皆さん、こんにちは!
今回は当店でも度々調剤しております「ニキビのお薬」についてお話したいと思います。

まずお薬の前にニキビについて簡単に説明致します。
日頃から私たちがニキビって呼んでいるこの症状、実は尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)という皮膚の病気で、顔や胸、背中などに炎症を起こしている状態です。
原因は主に「過剰な皮脂の分泌」「毛穴の出口が角化して詰まる」「ニキビ菌(アクネ菌やマラセチア菌)の繁殖」が挙げられます。
ニキビは「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」「黄色ニキビ」と、色によって4種類に分けることができます。
毛穴が汚れや皮脂などによって詰まり、その中に皮脂がたまってしまう初期ニキビのことを「白ニキビ」といいます。
白ニキビの状態からさらに皮脂がたまり、行き場を失った皮脂が肌の表面に出て空気に触れ、黒く酸化したものが「黒ニキビ」です。
ニキビの原因菌であるアクネ菌が、皮脂を栄養にして繁殖し、毛穴の中で炎症を起こしたものが「赤ニキビ」となります。
そして、赤ニキビがさらに悪化して膿を持った状態が「黄色ニキビ」です。
さて、治療薬です。
赤いニキビには昔から現在も、やはり抗生剤の内服と外用が治療の主役です。
内服薬は主に「ミノサイクリン」「ロキシスロマイシン」「クラリスロマイシン」が使用され、外用薬は主に「クリンダマイシン(商品:ダラシンTゲル・ローション)」「ナジフロキサシン(商品:アクアチムクリーム・軟膏・ローション)」「オゼノキサシン(商品:ゼビアックスローション・油性クリーム)」があります。
抗菌薬以外に追加された外用薬として、顔の白黒ニキビ向けの「アダパレン(商品:ディフェリンゲル)」が2008年に発売されました。
この薬は毛穴を広げ、毛穴に脂の抜け道を作ることで、毛穴につまった脂を外に出すことができます。
さらに白ニキビに対してはアダパレンより効果が劣るものの、どのニキビにも幅広く使用できる「過酸化ベンゾイル(商品:ベピオゲル)」が2015年に発売されました。
こちらはニキビの原因菌に対する抗菌作用や毛穴の閉塞の改善作用などがあります。
アダパレンと過酸化ベンゾイルは、使用初期2週間程は刺激感を感じることが多いですが、その後ほぼ消失します。
稀に消失しない場合は中止を検討します。
抗菌薬が最小限の使用に留めるのに対し、この2つの薬は効果を実感するまで目安3ヵ月程使用します。
さらに配合剤である「デュアック配合ゲル(過酸化ベンゾイル+クリンダマイシン)」「エピデュオゲル(過酸化ベンゾイル+アダパレン)」が追加発売されており、これらは単剤で副作用が無いことと効果不十分であることなどを確認してから使用します。
漢方薬としては「十味敗毒湯」「清上防風湯」「当帰芍薬散」「荊芥連翹湯」「枝茯苓丸加苡仁」「黄連解毒湯」「桃核承気湯」「排膿散及湯」があり「証」や皮膚の状態などで使い分けされています。
ニキビ治療で大切なことは、痕を残さないために、早期に炎症を抑えることです。
ニキビが気になったらなるべく早く医師に相談しましょう。

薬学生の皆様はニキビ治療についていかがお考えでしょうか?
是非参考にして下さい!

メディセレ薬局 管理薬剤師 密原 将志

前のページに戻る

最近チェックした企業

© MediCaree incorporated. All Rights Reserved.

PAGE TOP